コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田貞音尼 うちだ ていおんに

1件 の用語解説(内田貞音尼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田貞音尼 うちだ-ていおんに

1840-1918 明治-大正時代の尼僧。
天保(てんぽう)11年11月13日生まれ。浄土宗福田行誡について出家。京都知恩院の宗学校でまなび,鹿児島で布教をおこなう。明治21年知恩院の尼衆学校初代監督兼教授。また大阪の母恩寺を復興し,尼衆教場をひらいた。大正7年4月17日死去。79歳。江戸出身。俗名は徳子。号は常蓮社教誉住阿。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

内田貞音尼の関連キーワード大宮智栄井口貞法尼小出とい颯田諦真渋谷真意関宗喜中村仙巌尼水野常倫尼了然尼大正時代美術

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone