コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田貞音尼 うちだ ていおんに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田貞音尼 うちだ-ていおんに

1840-1918 明治-大正時代の尼僧。
天保(てんぽう)11年11月13日生まれ。浄土宗福田行誡について出家。京都知恩院の宗学校でまなび,鹿児島布教をおこなう。明治21年知恩院の尼衆学校初代監督兼教授。また大阪の母恩寺を復興し,尼衆教場をひらいた。大正7年4月17日死去。79歳。江戸出身。俗名は徳子。号は常蓮社教誉住阿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

内田貞音尼の関連キーワード大正時代天保尼僧

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android