コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田貞音尼 うちだ ていおんに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田貞音尼 うちだ-ていおんに

1840-1918 明治-大正時代の尼僧。
天保(てんぽう)11年11月13日生まれ。浄土宗福田行誡について出家。京都知恩院の宗学校でまなび,鹿児島で布教をおこなう。明治21年知恩院の尼衆学校初代監督兼教授。また大阪の母恩寺を復興し,尼衆教場をひらいた。大正7年4月17日死去。79歳。江戸出身。俗名は徳子。号は常蓮社教誉住阿。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内田貞音尼の関連キーワード米騒動アヘン戦争干渉戦争新聞小説東欧演劇母性保護論争アヘン戦争雪華図説播隆渡辺政香

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone