内礼司(読み)ウチノイヤノツカサ

大辞林 第三版の解説

ないらいし【内礼司】

律令制で、中務省に属し、宮中の礼儀をつかさどり、違法を取り締まった官司。のち弾正台に併合。うちのいやのつかさ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うちのいや‐の‐つかさ うちのゐや‥【内礼司】

〘名〙 令制における官の一つ。中務省(なかつかさしょう)に属する。宮中の礼儀について、その違失などを調べたり禁じたりした。大同三年(八〇八)弾正台に併合された。ないらいし。

ないらい‐し【内礼司】

〘名〙 令制で、中務(なかつかさしょう)に属して、宮中の礼儀をつかさどった役所。正、佑、令史各一人および主礼六人などの職員がいた。大同三年(八〇八)弾正台に併合。うちのいやのつかさ。〔令義解(718)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android