コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤信正 ないとう のぶまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤信正 ないとう-のぶまさ

1568-1626 織豊-江戸時代前期の大名。
永禄(えいろく)11年生まれ。内藤信成の長男。徳川家康にしたがい初陣(ういじん)の小牧・長久手(ながくて)の戦い以来,戦功をかさねる。慶長17年父の死で近江(おうみ)(滋賀県)長浜藩主内藤家2代となる。20年摂津高槻(たかつき)藩(大阪府)藩主内藤家初代。4万石。伏見城代,大坂城代をつとめた。寛永3年4月28日死去。59歳。三河(愛知県)出身。通称は弥七郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の内藤信正の言及

【大坂城代】より

…豊臣氏滅亡後,幕府は大坂に松平忠明をいれたが,1619年(元和5)大坂を直轄地として大坂城代をおいた。初代の城代は摂津高槻城主内藤信正で,伏見城代より転じた。幕末まで70名が就任している。…

※「内藤信正」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

内藤信正の関連キーワード内藤信照大阪城高槻藩永禄

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内藤信正の関連情報