内藤信民(読み)ないとう のぶたみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤信民 ないとう-のぶたみ

1850-1868 幕末の大名。
嘉永(かえい)3年生まれ。信濃(しなの)(長野県)岩村田藩主内藤正縄(まさつな)の5男。内藤信思(のぶもと)の養子となり,元治(げんじ)元年越後(えちご)(新潟県)村上藩主内藤家8代。奥羽越列藩同盟にくわわり,長岡城落城後の新政府軍の進攻を前に慶応4年7月16日自殺した。19歳。通称は三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android