内藤儀十郎(読み)ないとう ぎじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤儀十郎 ないとう-ぎじゅうろう

1847-1919 明治-大正時代の教育者。
弘化(こうか)4年5月20日生まれ。肥後熊本藩校時習館でまなぶ。西南戦争で西郷軍にくわわり投獄される。のち佐々(さっさ)友房の済々黌(せいせいこう)の教師となり,明治21年済々黌付属女学校(現尚絅(しょうけい)高)を創設,初代校長。大正8年8月13日死去。73歳。肥後出身。本姓は赤尾。
【格言など】貞操節義ある女性を育成し以て国家に資する(済々黌付属女学校の建学の精神)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android