コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤希顔 ないとう きがん

1件 の用語解説(内藤希顔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤希顔 ないとう-きがん

1625-1692 江戸時代前期の儒者。
寛永2年生まれ。林羅山(らざん)にまなぶ。はじめ長門(ながと)(山口県)萩藩に,のち虎渓永義に推挙されて仙台藩主伊達忠宗(ただむね)・綱宗・綱村につかえる。書家としても知られた。元禄(げんろく)5年10月21日死去。68歳。長門出身。名は別に就篤。字(あざな)は以寛。通称は六左衛門。号は閑斎,楽山人,白石山人。著作に「閑斎詩文集」「石経大学諺解(げんかい)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

内藤希顔の関連キーワード飯田東渓飯室小櫃小瀬助信貝原楽軒菅仲徹菊池元春周哲中村信斎深尾訒亭茂呂鼇岳