コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閑斎 かんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

閑斎 かんさい

?-1837ごろ 江戸時代後期の俳人,僧。
備前(岡山県)の人。諸国をめぐり,江戸の俳人ともまじわる。文政3年ごろ近江(おうみ)(滋賀県)粟津(あわづ)義仲(ぎちゅう)寺の無名庵庵主となり,松尾芭蕉(ばしょう)追悼の時雨会(しぐれえ)を主宰した。天保(てんぽう)8年ごろ死去。別号梅関,椿杖斎。編著に「俳諧(はいかい)道中双六(すごろく)」「粟津文庫」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

閑斎の関連キーワード宇治紫文(1世)宇治紫文(2代)宇治紫文(2世)宇治紫文(初代)得閑斎(3代)千宗室(6代)池田政直(2)朝鮮史料叢刊松原一閑斎竹葉舎杜若猪苗代兼載九如館鈍永長坂[町]5月23日山本輪田丸8月14日池田政方熊谷義信石山太柏小川汶庵

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android