内藤忠重(読み)ないとう ただしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤忠重 ないとう-ただしげ

1586-1653 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)14年生まれ。内藤忠政(ただまさ)の子。2代将軍徳川秀忠(ひでただ)につかえ,関ケ原の戦い大坂の陣にしたがう。のち3代将軍徳川家光(いえみつ)の養育係。寛永10年志摩(三重県)鳥羽藩主内藤家初代となる。3万5000石。築城のため八公二民の苛政(かせい)をおこなった。承応(じょうおう)2年4月23日死去。68歳。通称は甚十郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android