喜多七大夫(読み)キタシチダユウ

世界大百科事典 第2版の解説

きたしちだゆう【喜多七大夫】

江戸初期からはじまる能のシテ方喜多流の大夫の通名初世は北を,2世以降は喜多を用い,初世以後12世までの歴代大夫は,七大夫と十大夫を通名として交互に用いた。中でも流祖初世七大夫が傑出している。(1)北七大夫(1586‐1653∥天正14‐承応2) 初世。本名長能(ながよし∥おさよし)。堺の目医者内堀某の子(《近代四座(よざ)役者目録》)。1595年(文禄4)2月,10歳のとき〈金剛方七ツ大夫〉として興福寺薪猿楽に出演(〈薪能番組〉)したのが文献上の初出。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喜多七大夫
きたしちたゆう
(1586―1653)

江戸初期の能役者。堺(さかい)の医師の子で素人(しろうと)出だが、喜多流を創始した名人。実名長能(ちょうのう)。7歳で器用に能を舞い、七ツ大夫といわれた。金剛弥一(こんごうやいち)の養子として金剛三郎と名のり、金剛大夫を継いだ時期もあり、金春(こんぱる)禅曲の娘を妻とした。のち徳川秀忠(ひでただ)に抱えられ、1619年(元和5)ごろ、南北朝以来の四座(観世、金春、宝生(ほうしょう)、金剛)に加えて、喜多一流として認められた。四座の反感を買い、秘曲伝授問題で一時失脚するが、江戸期を通じてもっとも業績ある能役者であった。なお、七大夫は喜多宗家の通り名で、『寿福抄』『悪魔払』『仮面譜』『面目利(めんめきき)書』などの著で名高い9世喜多古能(このう)(健忘斎)ほか5人が名のっている。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android