コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤耻叟 ないとう ちそう

2件 の用語解説(内藤耻叟の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤耻叟 ないとう-ちそう

1827-1903 江戸後期-明治時代の歴史学者,漢学者。
文政10年11月5日生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。藩校弘道館で会沢正志斎,藤田東湖にまなび,慶応元年弘道館教授。明治11年東京府小石川区長,19年帝国大学教授。明治36年6月7日死去。77歳。本姓は美濃部。名は正直。通称は弥大夫。別号に碧海。著作に「安政紀事」「徳川十五代史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

内藤耻叟

没年:明治36.6.7(1903)
生年:文政10.11.5(1827.12.22)
水戸藩士。明治時代の漢学者,歴史家。幕末水戸藩の抗争に巻き込まれ,明治初年には,東北各地を逃避した。明治19(1886)年帝国大学文科大学教授となり,漢学と史学を講じた。江戸幕府の制度史に精通して,啓蒙に努め,三上参次を育成した。学風は洋学を拒絶して,人物批判に富み,尊皇敬幕の気骨を貫徹した。<著作>『開国起原・安政紀事』『徳川15代史』『江戸文学志略』<参考文献>『東京帝国大学学術大観』,『水戸市史』中巻5,三上参次『明治時代の歴史学界』

(秋元信英)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内藤耻叟の関連キーワード間宮八十子綿引東海菅政友歴史家巌本琴城日下寛小宮山南梁鈴木大津田東巌三木直

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone