コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内視鏡手術 ナイシキョウシュジュツ

1件 の用語解説(内視鏡手術の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ないしきょう‐しゅじゅつ〔ナイシキヤウ‐〕【内視鏡手術】

腹部に3~15ミリ程度の穴を数か所開けて、そこから内視鏡や専用の手術器具を挿入し、モニターに映し出される体内の様子を観察しながら、遠隔操作で手術を行う方法。消化器科・婦人科・泌尿器科整形外科から心臓外科脳神経外科まで幅広い診療科で行われている。切開手術よりも患者の身体的負担が少なく、回復も早いが、高度な技術が必要とされる。→腹腔鏡手術

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内視鏡手術の関連キーワードサブミリ波風穴を開けるハンガーボード腹部シリコンウエハー髭の生えた腹腔鏡手術原木栽培カシナガ長崎大水害

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内視鏡手術の関連情報