コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内視鏡手術(読み)ナイシキョウシュジュツ

デジタル大辞泉の解説

ないしきょう‐しゅじゅつ〔ナイシキヤウ‐〕【内視鏡手術】

腹部に3~15ミリ程度の穴を数か所開けて、そこから内視鏡や専用の手術器具を挿入し、モニターに映し出される体内の様子を観察しながら、遠隔操作で手術を行う方法。消化器科・婦人科・泌尿器科・整形外科から心臓外科・脳神経外科まで幅広い診療科で行われている。開腹手術よりも患者の身体的負担が少なく、回復も早いが、高度な技術が必要とされる。→腹腔鏡手術

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内視鏡手術の関連情報