コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内視鏡手術 ナイシキョウシュジュツ

デジタル大辞泉の解説

ないしきょう‐しゅじゅつ〔ナイシキヤウ‐〕【内視鏡手術】

腹部に3~15ミリ程度の穴を数か所開けて、そこから内視鏡や専用の手術器具を挿入し、モニターに映し出される体内の様子を観察しながら、遠隔操作で手術を行う方法。消化器科・婦人科・泌尿器科・整形外科から心臓外科・脳神経外科まで幅広い診療科で行われている。開腹手術よりも患者の身体的負担が少なく、回復も早いが、高度な技術が必要とされる。→腹腔鏡手術

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

内視鏡手術の関連キーワード先天性尿道狭窄/尿道弁/尿道憩室ロジャー・フェデラー腰椎椎間板ヘルニアエピドラスコピー食道アカラシア子どもの膝内障前立腺結石Notes内視鏡外科永井一郎イソップ尿路憩室胆石症錦織圭

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内視鏡手術の関連情報