泌尿器科(読み)ひにょうきか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泌尿器科
ひにょうきか

臨床医学の一分科で、診療科目としては比較的新しいものである。泌尿器科学urologyを直訳すれば尿学となるが、実際には尿の分泌と排泄(はいせつ)に関係のある臓器(腎臓(じんぞう)、尿管、膀胱(ぼうこう)、尿道)の疾患を診療し、あわせて男性の性器である睾丸(こうがん)、副睾丸、精管、精嚢(せいのう)、前立腺(せん)の疾患も取り扱っている。婦人の場合は、尿路の疾患は泌尿器科、性器の疾患は婦人科で扱う。また腎疾患のうち、腎炎やネフローゼは内科、性病のうちで淋疾(りんしつ)以外は皮膚科、脱腸や痔(じ)は外科でそれぞれ診療することになっている。

 第二次世界大戦前から戦争直後にかけては性病患者が多く、これを皮膚科と泌尿器科で治療していたので泌尿器科は性病科と一部で誤解されていたが、その後の性病の減少とアメリカ医学の導入とともに新しく泌尿器(外)科として、皮膚科より分離独立して発足した。現在では前立腺、膀胱、腎臓などの手術、尿路の感染症や結石の治療が、日常診療の重要な部分を占めている。

 なお、泌尿器科では内視鏡が古くから発達し、膀胱鏡や尿道鏡などが広く用いられ、腫瘍(しゅよう)、結石、異物などの診断ならびに治療に役だっている。ことに近年急激に増えてきた前立腺肥大症の治療に内視鏡を用いた経尿道的電気切除術が日本でも広く行われつつあり、開腹手術をせずにすむので喜ばれている。なお結石も、新しい器械がいろいろできたので、手術をしないでとれるようになりつつある。ちなみに欧米では、泌尿器科は外科の一部として脳外科や胸部外科と同様に取り扱われ、いまだに泌尿器科が独立していないところもある。

[大越正秋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泌尿器科
ひにょうきか
urology

臨床的には,尿路の諸臓器と男性性器,それに副腎疾患を対象とし,それらの外科治療を主として行うをいうが,内分泌疾患腎臓病のような内科的疾患も取扱う。比較的新しく専門分化した領域で,日本では,初めは性病を担当していた皮膚泌尿器科がこの領域を担当するようになり,現在では,皮膚科と泌尿器科の独立が完了しつつある。アメリカなどでは外科から分化してきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

泌尿器科【ひにょうきか】

臨床医学の一分科。泌尿器科学は泌尿器および男性性器を対象とする医学分野で,古くは外科学に属したが,M.ニッツェ膀胱(ぼうこう)鏡の発明(1879年)以後独立分野に発展した。診療科としては,腎臓の内科的疾患(腎炎ネフローゼなど)以外の泌尿器・男性性器疾患を取り扱う。婦人泌尿器科という領域もある。
→関連項目標榜診療科

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひにょうき‐か ヒネウキクヮ【泌尿器科】

〘名〙 臨床医学の一分科。腎臓・膀胱などの泌尿器および男性生殖器の前立腺・睾丸などの疾患を扱う科。
※故旧忘れ得べき(1935‐36)〈高見順〉二「皮膚科泌尿器科と書かれた看板」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひにょうきか【泌尿器科 urology】

泌尿器,すなわち腎臓,尿管,膀胱,尿道の病気を取り扱い,男性性器として睾丸副睾丸精管精囊前立腺の病気を対象とする臨床の一分科で,治療手段として手術が主体となるので泌尿器外科ともよばれる。泌尿器科urologieの語をはじめて用いたのはフランスの医師ルロア・デティオールJ.J.J.Leroy d’Étiolles(1798‐1860)といわれ,1879年の膀胱鏡の発明(ディッテルL.von Dittelら)を契機に急速に発達した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android