腹腔鏡手術(読み)フククウキョウシュジュツ

デジタル大辞泉「腹腔鏡手術」の解説

ふくくうきょう‐しゅじゅつ〔フククウキヤウ‐〕【腹×腔鏡手術】

内視鏡手術の一。腹部に3~15ミリ程度のを数か所開けて、そこから腹腔鏡内視鏡一種)や専用の手術器具を挿入し、モニターに映し出される腹腔内の様子を観察しながら手術を行う方法。開腹手術よりも患者の身体的負担が少なく、回復も早いが、高度な技術が必要とされる。体腔鏡手術腹腔鏡下手術

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android