コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内陸気候 ないりくきこう

2件 の用語解説(内陸気候の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ないりくきこう【内陸気候】

海岸から離れた内陸部に見られる気候。その特徴は大陸性気候に似るが、地域の規模は小さい。 ↔ 海岸気候

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ないりくきこう【内陸気候 inland climate】

大陸気候に似たような意味で使われることが多く,海岸地帯からかなり離れた場所の気候をいうが,大陸気候そのものよりはやや規模(範囲)の小さいものに用いる気候型である。具体的には,日本の気候区分くらいの中で,太平洋側気候日本海側気候の中間に属するタイプである。気温や降水量を用いて分類した関口武による気候区分(1959)では,漸移気候区の一部である北上地方とか中央高地,伊賀地方などがほぼ内陸気候に相当する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone