コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央高地 ちゅうおうこうち

4件 の用語解説(中央高地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中央高地
ちゅうおうこうち

長野県と山梨県および岐阜県北部の飛騨地方を総称した呼称。多くの大山脈や山地が集合し,標高も高く,日本列島の中央部を占めているので,「日本の屋根」ともいわれる。日本アルプスをはじめ関東山地上信越火山群,飛騨高地,白山火山などが分布し,これらの山岳地からは日本有数の諸河川が流下し,水力発電の電源地帯となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゅうおう‐こうち〔チユウアウカウチ〕【中央高地】

本州の中央部にある山岳地域。飛騨木曽赤石山脈や両白山地八ヶ岳など。
山梨・長野・岐阜県の山岳地域。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕中央高地(ちゅうおうこうち)


本州中部の山岳地帯の総称。飛騨(ひだ)山脈・木曽(きそ)山脈・赤石(あかいし)山脈の3山脈(日本アルプス)とその周辺の山地・高地・火山域を含み、東は関東山地、西は両白(りょうはく)山地までの広範囲にわたる。「日本の屋根」とも称される。狭義には中部(ちゅうぶ)地方を3区分したうちの一つで、長野・山梨両県と岐阜県北部をさす。標高3000m級の山岳の間に長野・松本(まつもと)・甲府(こうふ)・高山(たかやま)などの盆地があって、起伏に富み、日本屈指の山岳景観を呈することから、中部山岳国立公園南アルプス国立公園など国立公園の指定域が広く、登山・スキーなどの観光地でもある。河谷には多くのダムが建設され、電源地帯を形成する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中央高地
ちゅうおうこうち

狭義には、中部地方の3地理区(北陸・中央・東海)の一地域名。岐阜・長野・山梨の3県の山岳地方をさす。広義には、本州中央部にある山岳地方をさす。すなわち、両白(りょうはく)山地、飛騨(ひだ)山地、飛騨・木曽(きそ)・赤石(あかいし)の3山脈、その東方にあるフォッサマグナ低地帯(富士山・八(やつ)ヶ岳・蓼科(たてしな)山などを含む)、関東山地、上信越の山地に及ぶ範囲をさす。この地域は、本州島のほぼ中央部にあり、その幅がもっとも広いところにある。この地域内の山脈や山地の起伏は日本列島で最大であり、3000メートルを超える山々がそびえている。このような山岳群は、交通の障壁性、気温の逓減(ていげん)、高山景観と火山現象、冬季に多い降雪などの条件を通じて、中央高地の地域的特色に影響を与えている。すなわち、この地方の迂回(うかい)的鉄道や道路網、冬季における積雪や凍結による交通機関の被害、落石・土石流災害の発生、いわゆる高冷地農業や避暑地の発達、人口過疎現象の進行、発電用貯水をはじめとする多目的ダムの建設、山岳行楽(若葉・紅葉・渓谷美・山岳美などの観賞)、観光地や登山・スキーなどレクリエーション地の発達、国立公園(中部山岳、南アルプス、上信越高原、妙高戸隠連山、秩父多摩甲斐(ちちぶたまかい)、富士箱根伊豆、白山(はくさん)など)の指定地などはその例である。中央高地にある山脈や山地の間には、長野盆地(善光寺平(だいら))、上田盆地、佐久(さく)盆地(佐久平)、松本盆地(松本平)、伊那(いな)盆地(伊那谷)、高山盆地、諏訪(すわ)盆地(諏訪平)、甲府盆地、秩父盆地などの山間盆地がある。これらは、中央高地の交通・経済・政治・文化などの地方的中心地を形成し、東海・北陸両地方と異なる景観を表している。[有井琢磨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中央高地の関連キーワードアカハラ飛騨山地亜高山帯火田山地帯星虫雪渓襀翅飛騨人キシャヤスデ飛驒山脈

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中央高地の関連情報