中央高地(読み)ちゅうおうこうち

  • ちゅうおうこうち〔チユウアウカウチ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長野県と山梨県および岐阜県北部の飛騨地方を総称した呼称。多くの大山脈山地が集合し,標高も高く,日本列島の中央部を占めているので,「日本の屋根」ともいわれる。日本アルプスをはじめ関東山地,上信越火山群,飛騨高地,白山火山などが分布し,これらの山岳地からは日本有数の諸河川が流下し,水力発電の電源地帯となっている。また自然の変化に富み,国立公園国定公園も多く,山岳観光地として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狭義には、中部地方の3地理区(北陸・中央・東海)の一地域名。岐阜・長野・山梨の3県の山岳地方をさす。広義には、本州中央部にある山岳地方をさす。すなわち、両白(りょうはく)山地、飛騨(ひだ)山地、飛騨・木曽(きそ)・赤石(あかいし)の3山脈、その東方にあるフォッサマグナ低地帯(富士山・八(やつ)ヶ岳・蓼科(たてしな)山などを含む)、関東山地、上信越の山地に及ぶ範囲をさす。この地域は、本州島のほぼ中央部にあり、その幅がもっとも広いところにある。この地域内の山脈や山地の起伏は日本列島で最大であり、3000メートルを超える山々がそびえている。このような山岳群は、交通の障壁性、気温の逓減(ていげん)、高山景観と火山現象、冬季に多い降雪などの条件を通じて、中央高地の地域的特色に影響を与えている。すなわち、この地方の迂回(うかい)的鉄道や道路網、冬季における積雪や凍結による交通機関の被害、落石・土石流災害の発生、いわゆる高冷地農業や避暑地の発達、人口過疎現象の進行、発電用貯水をはじめとする多目的ダムの建設、山岳行楽(若葉・紅葉・渓谷美・山岳美などの観賞)、観光地や登山・スキーなどレクリエーション地の発達、国立公園(中部山岳、南アルプス、上信越高原、妙高戸隠連山、秩父多摩甲斐(ちちぶたまかい)、富士箱根伊豆、白山(はくさん)など)の指定地などはその例である。中央高地にある山脈や山地の間には、長野盆地(善光寺平(だいら))、上田盆地、佐久(さく)盆地(佐久平)、松本盆地(松本平)、伊那(いな)盆地(伊那谷)、高山盆地、諏訪(すわ)盆地(諏訪平)、甲府盆地、秩父盆地などの山間盆地がある。これらは、中央高地の交通・経済・政治・文化などの地方的中心地を形成し、東海・北陸両地方と異なる景観を表している。[有井琢磨]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中央高地の関連情報