コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大陸気候 たいりくきこう

百科事典マイペディアの解説

大陸気候【たいりくきこう】

大陸内部に特徴的な気候。熱しやすくさめやすい大陸地表面の影響を受けて,気温の年変化,日変化が大きい。降水量は少なく乾燥。気候の大陸性の度合大陸度で表される。砂漠気候は大陸気候の一種。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいりくきこう【大陸気候 continental climate】

大陸の影響を強く受けた気候で,海洋気候対語。海岸から遠く離れた大陸内部で典型的にみられる。地表面温度は太陽高度に遅れることなく変化し,気温の日変化や年変化が著しく大きい。冬季は陸地の冷却によって非常に寒冷で高気圧が発達し,寒帯大陸気団の発現地となる。したがって一般に晴天の日が多く,風は弱い。夏は高温で冷帯地方でもかなり高温になる。気圧が低下し,雨はおもに夏季に集中して降る。その結果,雨季農耕を可能にしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大陸気候の関連キーワードインディアナ州トゥラン低地海洋性気候テキサス州灰色森林土大陸性気候内陸気候気候型大気候

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大陸気候の関連情報