コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円中文助 まるなか ぶんすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円中文助 まるなか-ぶんすけ

1853-1923 明治-大正時代の製糸技術者。
嘉永(かえい)6年生まれ。明治6年ウィーン万国博に出張,帰途イタリアで製糸技術をまなぶ。内務省勧業寮の製糸試験場などで技術指導にあたる。のち生糸検査所技師,東京高等蚕糸学校講師をつとめた。大正12年9月1日死去。71歳。加賀(石川県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

円中文助

没年:大正12.9.1(1923)
生年:嘉永6(1853)
明治期の製糸技術者。加賀国(石川県)生まれ。陶器,生糸などの直輸出円中孫平婿養子となる。明治6(1873)年,製糸技術伝習生としてウィーン博に行き,また孫平の命でヨーロッパへの九谷焼の販売を試みるとともに,翌年までイタリアで製糸技術,機械学を学ぶ。帰国後,内務省勧業寮御雇などとして製糸技術の教授を行った。次いで,19年まで円中組パリ支店を担当したが,失敗。その後生糸検査所技師,東京高等蚕糸学校講師を勤め,さらに製糸機械の発明に従事した。関東大震災により東京神田の自宅で亡くなる。洋式製糸技術の摂取,改良と直輸出へかけた人生だった。<参考文献>藤本実也『開港と生糸貿易』下,本康宏史「『美術工業』と輸出商」(『石川県立歴史博物館紀要』3号)

(松村敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

円中文助の関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助ショイベ徳川家慶村田実メーソン専修大学北欧美術メーク

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone