円快(読み)えんかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円快
えんかい

平安時代後期の仏師。浄如房と号した。信貴山住僧治暦5 (1069) 年法隆寺絵殿の『聖徳太子坐像』 (伝七歳像) を絵師秦致貞 (はたのちてい) とともに造立。円快は正系仏師ではないが,彼のように仏像,仏画の制作にすぐれた芸術家集団が信貴山にいたものと推測されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円快 えんかい

?-? 平安時代中期の仏師。
大和(奈良県)信貴山(しぎさん)の僧。治暦(じりゃく)5年(1069)法隆寺の聖徳太子七歳像(現存)を制作した。号は浄如房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android