コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円明海 えんみょうかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円明海 えんみょうかい

1768-1822 江戸時代後期の僧。
明和5年生まれ。真言宗鉄門海に師事し,のち出羽(でわ)酒田(山形県)の海向寺の住職となる。文政5年5月8日入定(にゅうじょう),即身仏となった。55歳。現在も同寺にまつられている。出羽田川郡(山形県)出身。俗姓は佐藤。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

円明海

没年:文政5.5.8(1822.6.26)
生年:明和5頃(1768)
江戸後期の出羽湯殿山の即身仏(即身成仏した行者のミイラ)。海向寺(山形県酒田市)に忠海の即身仏と共に祀られる。出羽国田川郡(山形県余目町)の農家佐藤六兵衛の子として生まれる。鉄門海の弟子となり,55歳で海向寺で土中入定し,遺体は蓬線香とろうそくでいぶして乾かしたといい伝えられる。<参考文献>日本ミイラ研究グループ編『日本ミイラの研究』

(内藤正敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

円明海の関連キーワードブルース(James Bruce)宇田川榕菴斑糲岩クチュクカイナルジ条約グラフトン(公)バール連盟露土戦争アークライトエカチェリーナ(2世)石崎融思

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android