鉄門海(読み)てつもんかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鉄門海 てつもんかい

1768-1830* 江戸時代後期の僧。
明和5年生まれ。人を殺し出羽(でわ)田川郡(山形県)の真言宗注連寺の一世行人となる。湯殿山の仙人沢で千日木食参籠(もくじきさんろう)行を達成。即身仏ミイラとして注連寺にまつられている。文政12年12月8日死去。62歳。出羽鶴岡(山形県)出身。俗名は砂田鉄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android