コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円谷幸吉 つぶらやこうきち

百科事典マイペディアの解説

円谷幸吉【つぶらやこうきち】

陸上競技長距離走選手。福島県出身。須賀川高校卒業後自衛隊に入隊,同体育学校で長距離選手としての才能を開花させる。1963年のニュージーランド遠征で2万mと1時間走に世界新記録を樹立し,その後マラソンに進出。
→関連項目村社講平

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円谷幸吉 つぶらや-こうきち

1940-1968 昭和時代後期の陸上競技選手。
昭和15年5月13日生まれ。自衛隊にはいり,昭和39年東京五輪では1万m6位,マラソンで銅メダルにかがやく。次回のメキシコ五輪での金メダルを期待されたが,昭和43年1月9日自殺した。27歳。福島県出身。須賀川高卒。
【格言など】幸吉はもうすっかり疲れ切ってしまって走れません(遺書)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つぶらやこうきち【円谷幸吉】

1940‐68(昭和15‐43)
マラソン・ランナーで東京オリンピック大会銅メダリスト。農業を営む一家の末っ子として福島県須賀川市に生まれる。須賀川高校卒業後自衛隊に入隊し,長距離に関心をもち,体育学校において練習に励む。青森~東京間の駅伝で大活躍し,1963年のニュージーランド遠征で2万mと1時間走に世界新記録を樹立し一躍世界的な長距離ランナーとして認められるようになる。その後,東京オリンピック陸上総監督織田幹雄の勧めで,マラソンに進出。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の円谷幸吉の言及

【東京オリンピック大会】より

…競技では〈褐色の弾丸〉R.L.ヘーズの陸上男子100m優勝,〈はだしの王様〉アベベのマラソン史上初の2連勝,〈泳ぐ芸術品〉D.ショランダーの競泳4種目制覇,〈体操の名花〉V.チャスラフスカの演技などが話題を呼んだ。日本選手も〈東洋の魔女〉女子バレーボールの優勝,体操男子団体総合の2連勝,マラソンの円谷幸吉の活躍など熱戦を展開,日本の若い競技者を刺激し,一般の人々にもスポーツ熱が高まる契機になった。なお,日本は16種目で金メダル,銀メダル5種目,銅メダル8種目を獲得した。…

※「円谷幸吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

円谷幸吉の関連キーワードメキシコシティーオリンピック(1968年)円谷幸吉メモリアルマラソン大会1964年東京五輪マラソンレース青梅マラソン国立競技場沢木耕太郎5月13日陸上競技アベベ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円谷幸吉の関連情報