コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村社講平 むらこそこうへい

5件 の用語解説(村社講平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村社講平
むらこそこうへい

[生]1905.8.29. 宮崎,宮崎
[没]1998.7.8. 兵庫,明石
陸上競技選手。 1939年中央大学卒業。 1936年 31歳でベルリンオリンピック競技大会の代表となり,5000m,1万mに出場しフィンランド勢を相手に健闘,ともに4位となった。 1956年メルボルンオリンピック競技大会ではマラソン監督を務めた。 1971年紫綬褒章受章。また毎日新聞記者として,びわ湖毎日マラソンや全国高校駅伝大会の創設・発展に尽力した。主著『長距離を走りつづけて』 (1976) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

村社講平【むらこそこうへい】

陸上競技選手,宮崎県出身。宮崎中学時代にはテニス選手。兵役を終え県立図書館に勤めていたが,1933年27歳で中央大学進学,独創的な練習で次第に長距離走選手としての頭角を現し,第21回全日本選手権大会で5000m,1万m両種目に優勝,日本長距離界の第一人者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村社講平 むらこそ-こうへい

1905-1998 昭和-平成時代の陸上競技選手,指導者。
明治38年8月29日生まれ。昭和11年ベルリン五輪の5000mと1万mで4位入賞。1万mではスタートからトップにとびだし,大柄のフィンランド勢3人と大接戦を演じた。戦後,毎日新聞運動部記者となり,メルボルン五輪のマラソンコーチなどをつとめた。平成10年7月8日死去。92歳。宮崎県出身。中央大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

むらこそこうへい【村社講平】

1905(明治38)‐
日本陸上競技長距離界の一時代をつくったランナー。酒造業を営む一家の五男として,宮崎県赤江町に生まれる。日露講和条約締結に因んで講平と命名されたという。宮崎中学時代に,同校卒業の熊谷一弥選手のアントワープ・オリンピック(1920)におけるテニス競技銀メダル獲得の報道に接し,長距離競走への興味を高めた。兵役を終えて県立図書館に勤め,織田幹雄金メダル獲得に触発されながら一層練習に打ち込む。27歳にして中央大学進学を決意し,苦学と独創的な練習によって,第21回全日本選手権大会で5000m,1万m両種目に優勝。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村社講平
むらこそこうへい
(1905―1998)

オリンピックに出場した名ランナー。宮崎県生まれ。1936年(昭和11)のオリンピック・ベルリン大会で陸上5000メートル、1万メートルとも4位だったが、1万メートルではフィンランドの強豪サルミーネン、アスコラ、イソロフを相手に最後までトップを争った。当時の村社は身長160センチメートル、体重50キログラム日本人としても小柄だったが、雲つくような大男の外人選手に混じって、スタートからトップにたった。6000メートルまでは首位を譲らなかったが、その後は抜きつ抜かれつの死闘だった。この小柄な名も知らぬ日本人の健闘に「和製人間機関車」の異名がつけられた。このとき優勝したサルミーネンとの差はわずか10秒ほどだった。その後、マラソン監督としてオリンピック・メルボルン大会(1956)に参加。71年(昭和46)には紫綬(しじゅ)褒章を受章した。[石井恒男]
『村社講平著『長距離を走りつづけて』(1976・ベースボール・マガジン社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

村社講平の関連キーワード竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画韓国統監府竹島問題クイーンイスクライラン立憲革命エラリー・クイーンシュリーフェン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone