コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冠大会 カンムリタイカイ

デジタル大辞泉の解説

かんむり‐たいかい〔‐タイクワイ〕【冠大会】

スポンサーの会社名・商標名などを頭につけた名称をもつ競技会

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

冠大会【かんむりたいかい】

企業がスポーツ大会のスポンサーとなり,大会名に企業の名前や商標をつけた大会の総称。日本では,1978年の第1回8ヵ国対抗陸上競技大会,いわゆる〈デサント陸上〉が最初の冠大会といえる。
→関連項目ウィンブルドン・テニス大会国民体育大会

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

冠大会の関連キーワード自動車レースメセナ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冠大会の関連情報