冠大会(読み)カンムリタイカイ

  • かんむりたいかい ‥タイクヮイ
  • かんむりたいかい〔タイクワイ〕

百科事典マイペディアの解説

企業がスポーツ大会のスポンサーとなり,大会名に企業の名前や商標をつけた大会の総称。日本では,1978年の第1回8ヵ国対抗陸上競技大会,いわゆる〈デサント陸上〉が最初の冠大会といえる。スポーツウェアの大手であるデサント社はこのイベントに2億5000万円を負担したといわれ,これがきっかけとなりアマチュアの冠大会が急増した。今日の冠大会は,健康的で明るくさわやかなスポーツのイメージを販売促進に利用したいスポンサー企業,視聴率競争にしのぎをけずるテレビ局,選手強化費の捻出に悩んでいる競技団体が,広告量の増大をねらう広告代理店の仲介によってそれぞれのメリットを追求する中で一体化していった。→メセナ
→関連項目ウィンブルドン・テニス大会国民体育大会

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 スポンサーの社名や商標名を冠したスポーツの競技会。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冠大会の関連情報