コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冬緑油 トウリョクユ

大辞林 第三版の解説

とうりょくゆ【冬緑油】

北米の山地に自生するツツジ科の植物の葉から採る揮発性の油。主成分はサルチル酸メチル。現在は化学的に合成される。特有の匂いをもち、歯磨き用香料、また筋肉痛などの消炎剤として軟膏などに用いられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

冬緑油の関連キーワード芳香族化合物サリチル酸夜糞峰榛ツツジ科主成分消炎剤筋肉痛山地北米軟膏