冲方丁(読み)うぶかた とう

知恵蔵miniの解説

冲方丁

日本の小説家、脚本家。1977年、岐阜県生まれ。幼少期をシンガポール、次いでネパールで過ごし、中学2年生の後半に帰国。96年、早稲田大学在学中に『黒い季節』(角川書店)で第1回スニーカー大賞金賞を受賞し作家デビュー。ゲームシナリオ・マンガ原作・アニメ制作の分野でも活躍しつつ、2003年『マルドゥック・スクランブル』(早川書房)で第24回日本SF大賞を受賞。同作は11年まで5作発表されるシリーズとなり、マンガ化、劇場アニメ化された。09年、初の時代小説『天地明察』(角川書店)で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、舟橋聖一文学賞、北東文芸賞を受賞し、直木賞候補となる。同作は12年に実写映画化された。12年『光圀伝』(角川書店)で第3回山田風太郎賞を受賞。14年10月から始まる人気テレビアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス 2」(フジテレビ系列)ではシリーズ構成を担当する。

(2014-6-25)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

冲方丁 うぶかた-とう

1977- 平成時代の小説家,ゲーム・アニメ制作者。
昭和52年2月14日生まれ。父親の勤務で幼時から9歳までシンガポール,10-14歳はネパールで過ごす。平成8年角川スニーカー大賞金賞の「黒い季節」で作家デビュー。15年「マルドゥック・スクランブル」で日本SF大賞。22年時代小説「天地明察」で吉川英治文学新人賞,本屋大賞を受賞。24年「光圀伝」で山田風太郎賞。アニメ原作,ゲーム制作など幅広く活躍。岐阜県出身。早大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冲方丁の関連情報