コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷凍麻酔 レイトウマスイ

3件 の用語解説(冷凍麻酔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

れいとう‐ますい【冷凍麻酔】

皮膚の温度をセ氏20度以下に冷やすと、神経の働きが鈍くなることを利用して、局所麻酔を行う方法。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冷凍麻酔
れいとうますい

神経を冷却すると神経が麻痺(まひ)してしまうことを利用し、冷凍によって局所麻酔を得る方法である。四肢の切断のために用いられた方法であるが、全身状態の悪い患者や糖尿病患者でも安全に行うことができるという。実施にあたっては、切断する部位を氷でしばらく冷やしてから止血帯で完全に血行を遮断し、その後、細かく砕いた氷で包み、約2~3時間置く。そしてその部位の組織が5~15℃になってから切断を行う。術後2、3日は、切断端に氷嚢(ひょうのう)をつけて冷やす。冷凍麻酔法は、昔は用いられたが、今日では他に優れた麻酔法があるので、まったく用いられなくなった。[山村秀夫・山田芳嗣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone