コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷嚢 ヒョウノウ

2件 の用語解説(氷嚢の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐のう〔‐ナウ〕【氷×嚢】

氷片や水を入れて患部を冷やすのに用いるゴム製などの袋。こおりぶくろ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

氷嚢
ひょうのう

水または氷を入れるゴム製の袋。頭痛、歯痛などを和らげるため患部に当てたり、高熱時に、体温下降を図るため動脈に近い部位に当てたりする。氷は母指頭大に割り、ざるに入れて水をかけ、角をとる。大人のこぶし大の量の氷と少量の水を氷嚢に入れ、片方の手で氷の入った部分を持ち、もう一方の手で袋をしごくようにして空気を出したあと、口元をねじり、専用の留めゴム(輪ゴムなど)でしっかりと留める。外側の水滴をふいてカバーをかけるが、カバーはガーゼや晒(さらし)などを用い、皮膚に当たるところは枚数を加減して温度調節を図る。凍傷や感覚麻痺(まひ)をおこさないような配慮も必要である。また、局所に平たく安定するように形を整え、一部に重みがかからないというくふうもたいせつである。[山根信子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

氷嚢の関連キーワード頭を冷やす肝を冷やす氷枕魂を冷やす花桶水入れ冷却水冷湿布胸を冷やす

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

氷嚢の関連情報