コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷泉為尹 れいぜい ためまさ

美術人名辞典の解説

冷泉為尹

公卿。号は村雲。為邦の子、為秀の養子。仕えて正二位権大納言に至る。『新後拾遺集』の作者。その筆蹟は『眺望集』にみられる。応永24年(1417)歿、57才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

冷泉為尹 れいぜい-ためまさ

1361-1417 室町時代の公卿(くぎょう),歌人。
康安元=正平(しょうへい)16年生まれ。父為邦の出家により祖父為秀の養子となり,正二位,権(ごんの)大納言にすすむ。歌道師範の家をつぎ,応永期の歌壇で活躍。家集「為尹千首」があり,「新後拾遺和歌集」などに歌がのる。応永24年1月25日死去。57歳。名は「ためただ」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone