凌廷堪(読み)りょうていかん(英語表記)Ling Ting-kan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

凌廷堪
りょうていかん
Ling Ting-kan

[生]乾隆22(1757)
[没]嘉慶14(1809)
中国,清の学者。同郷の安徽省出身の江永戴震の学を宗として経学に専心阮元とも交友があり,特に礼学に詳しかった。主著『校礼堂文集』『校礼堂詩集』『燕楽考原』『元遺山年譜』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android