コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凌廷堪 りょうていかんLing Ting-kan

1件 の用語解説(凌廷堪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

凌廷堪
りょうていかん
Ling Ting-kan

[生]乾隆22(1757)
[没]嘉慶14(1809)
中国,清の学者。同郷の安徽省出身の江永,戴震の学を宗として経学に専心。阮元とも交友があり,特に礼学に詳しかった。主著『校礼堂文集』『校礼堂詩集』『燕楽考原』『元遺山年譜』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

凌廷堪の関連キーワードプラッシーの戦白粒岩ロスバハの戦い鳥人幸吉カノーバ冠辞考久留島義太シャルルスカルラッティ高野蘭亭

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone