コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江永 こうえい Jiang Yong

2件 の用語解説(江永の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江永
こうえい
Jiang Yong

[生]康煕20(1681)
[没]乾隆27(1762)
中国,清初の儒者。江西省ぶ源 (ぶげん) の人。字は慎修。礼学を主とした経学,音韻学,地理学など多方面に活躍し,清朝考証学の先駆となった。著書に『礼書綱目』『古韻標準』『春秋地理考実』など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江永
こうえい
(1681―1763)

中国、清(しん)朝中葉前期の学者。字(あざな)は慎修(しんしゅう)。安徽(あんき)(ぶげん)県(いま江西省)の人。21歳で県の学生となったが仕官せず、在野の学者として生涯を終えた。礼の学に深く、朱子(朱熹(しゅき))の『儀礼経伝通解(ぎらいけいでんつうかい)』に倣い、経にみえる礼に関する記述を系統的に整理した『礼書綱目』全80巻をはじめ、『論語』郷党篇(へん)を読むために古代の衣服・宮室・車制などを考証し図示した『郷党図考』、また『周礼(しゅらい)疑義挙要』『礼記訓義択言(らいきくんぎたくげん)』などの著述がある。楽律(がくりつ)の研究に『律呂闡微(りつりょせんび)』、また清初の梅文鼎(ばいぶんてい)の暦算学を承(う)けての『翼梅』『算学』、顧炎武(こえんぶ)の古韻(こいん)十部説を審音の立場から十三部に修正した『古韻標準』は弟子の戴震(たいしん)を経て段玉裁(だんぎょくさい)の十七部説を生む。朱子学者としての面目『近思録集注』もある。[近藤光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の江永の言及

【皖派】より

…皖とは中国安徽省の古名で,清代に,この地に多くの学者を輩出したので,その人々を皖派と称しているが,大きくは浙西学派に含まれる。江永,戴震に源を発して段玉裁,任大椿,王念孫,王引之,さらに後の兪樾(ゆえつ),孫詒譲(そんいじよう)らに受けつがれた。この学派は懐疑的態度によって事実を確かめ,帰納的論理的に分析する方法を共通点としていることで,恵棟らの漢代訓詁を固守する呉派とは大いに異なる。…

※「江永」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

江永の関連キーワード朱昴之郎世寧康熙・康煕康熙字典・康煕字典康熙帝・康煕帝康熙綴じ・康煕綴じ没・歿勃・歿・没Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone