コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凌雲道体 りょううん どうたい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

凌雲道体 りょううん-どうたい

1632-1704* 江戸時代前期の僧。
寛永9年生まれ。黄檗(おうばく)宗。独本性源に師事し,その法をつぐ。元禄(げんろく)9年江戸深川の海福寺住持となり,万祥寺を再興して隠元隆琦(いんげん-りゅうき)を開山(かいさん)にむかえた。元禄16年11月25日死去。72歳。信濃(しなの)(長野県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

凌雲道体の関連キーワードガリレイ宝永グスタフ甲良宗広町田宗加甲良宗広グスタフウワディスワフ4世ワーザジグムント3世ワーザ梵舜

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android