コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出三 しゅっさん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出三 しゅっさん

?-1825 江戸時代後期の僧,画家。
江戸深川の覚樹王院をへて,上野(こうずけ)(群馬県)鬼石の浄法寺住職となる。余技の絵にすぐれた。文政8年3月5日死去。法名は照芳。別号に緑野道人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

出三の関連キーワード救難飛行艇と武器輸出三原則国家安全保障戦略[日本]杵屋正次郎(杵屋正治郎)オルジェイ・テムル芳村伊三郎(3世)杵屋正次郎(2代)杵屋正次郎(2世)防衛装備移転三原則日米軍事技術協力対米武器技術供与中曽根康弘内閣武器輸出三原則輸出貿易管理令斗【きょう】ミサイル防衛杵屋正次郎藤間勘兵衛防衛装備庁柏 伊三雄三つ斗組み

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出三の関連情報