コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出井知恵子 いずい ちえこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出井知恵子 いずい-ちえこ

1929-1986 昭和時代の俳人。
昭和4年9月2日生まれ。昭和24年「松籟(しょうらい)」に入会。38年「渦」にくわわり赤尾兜子(とうし)に師事。40年「俳句評論」に参加,59年から「茜(あかね)」を主宰。昭和61年10月18日死去。57歳。広島県出身。神戸女子薬専卒。旧姓亀井。洗礼名はマリア=テレジア句集に「命華」「蒼華」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

出井知恵子の関連キーワード昭和時代俳人

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android