出口の茶屋(読み)でぐちのちゃや

精選版 日本国語大辞典 「出口の茶屋」の意味・読み・例文・類語

でぐち【出口】 の 茶屋(ちゃや)

出口(二)をはいったところに軒を並べていた茶店。客を待たせ、揚屋門口まで送って行き、昼間は、端女郎を揚げて遊ばせた。
仮名草子・都風俗鑑(1681)一「あげやの下々、出口(デグチ)茶屋、おろせにいたるまでも、それぞれに物をとらせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「出口の茶屋」の意味・読み・例文・類語

でぐち‐の‐ちゃや【出口の茶屋】

京都島原や江戸吉原の遊郭大門口にあった茶屋町

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android