出塞(読み)しゅっさい

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅっ‐さい【出塞】

〘名〙
① とりでを出ること。〔文明本節用集(室町中)〕 〔史記‐周本紀〕
② (とりでは多く辺境にあったところから) 国境をこえて辺境の地に行くこと。
※李陵(1943)〈中島敦〉二「陵に先立って出塞して功の無かった弐師将軍を陥れんがためである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android