出定(読み)シュツジョウ

大辞林 第三版の解説

しゅつじょう【出定】

( 名 ) スル
〘仏〙 止観や禅定などの瞑想的な修行を終わって、瞑想状態をやめること。禅定から出ること。 ⇔ 入定にゆうじよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅつ‐じょう ‥ヂャウ【出定】

〘名〙 仏語。禅定を終えて坐禅場より出ること。禅定の境界から平常の状態にもどること。坐禅をやめて起つこと。⇔入定
※法華義疏(7C前)一「仍知仏出定必説法花
※源平盛衰記(14C前)一九「今日は出定(シュツヂャウ)の日也とて、又国中の男女雲霞の如くに集って拝まんとす」 〔方干‐贈江南僧詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android