コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出来す デカス

デジタル大辞泉の解説

でか・す【出来す】

[動サ五(四)]
できるようにする。また、作り出す。こしらえる。
「東京で下絵を―・していた」〈康成・童謡〉
やってのける。なしとげる。→でかした
「私の生涯の中に―・して見たいと思う所は」〈福沢福翁自伝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でかす【出来す】

( 動五[四] )
出て来させる。作り上げる。こしらえる。また、よくない事態を招く。 「おめえが-・したことだから斯議論をつめられちやあ/西洋道中膝栗毛 魯文」 「今日中に-・す約束で誂へてござるほどに/狂言・麻生」
見事に成し遂げる。うまくやる。 「是は大事の物だと思つて尻輪へひつ付けたが、-・したではないか/雑兵物語」
[句項目] 出来した

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

出来すの関連キーワード話・咄・噺雑兵物語出来魯文

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android