出流山(読み)いずるさん

世界大百科事典 第2版の解説

いずるさん【出流山】

出流山満願寺は栃木県栃木市にある真言宗智山派の寺。坂東観音霊場第17番札所。日光山を開いた勝道上人が天平のころに創建したといわれ,本尊十一面千手観音像は空海の作と伝えられる。寺は出流山の中腹にあって,背後に懸崖造りの奥の院霊窟および大日大師の霊窟があり,窟内には多数の石筍(せきじゆん)や鍾乳石がみられる。近くに修験行者が水ごりをとる大悲もある。本尊は開運厄除けなどの霊験で知られ,関東地方を中心に参詣者が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android