コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出目満永 でめ みつなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出目満永 でめ-みつなが

?-1672 江戸時代前期の能面師。
出目秀満の子。越前(えちぜん)出目家4代。京都にすみ,のち江戸にうつる。児玉満昌(みつまさ)は養子。弟子の出目満喬(みつたか),出目栄満(よしみつ)は,それぞれ大野出目家4代,弟子出目家初代となった。寛文12年死去。越前(福井県)出身。通称は源助。号は元休(古元休)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

出目満永の関連キーワード出目秀満

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android