コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

龍野城 たつのじょう

1件 の用語解説(龍野城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

たつのじょう【龍野城】

兵庫県たつの市龍野町にあった城。江戸時代外様大名の脇坂氏が居城。龍野城は、鶏籠山(けいろうさん)の山城(やまじろ)、山麓の平山城(ひらやまじろ)の2期に分かれる。山城は室町時代末期、赤松村秀(むらひで)によって鶏籠山に築かれ、後期の平山城は1672年(寛文12)に信州飯田から移った脇坂安政(やすまさ)が築城したとされている。1577年(天正5)、羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)の中国攻めが始まると、龍野城4代城主赤松広秀(ひろひで)は戦わずに秀吉に城を明け渡した。その後に秀吉の家臣石川光元(みつもと)が入封したが、光元は不便な山上から麓に城主の居館を移した。1581年(天正9)、蜂須賀正勝(はちすかまさかつ)(小六(ころく))が5万3000石で入城し、その後は、徳川譜代の本多氏・小笠原氏・岡部氏・京極氏など城主はめまぐるしく交代した。1658年(万治1)に城主京極高知が讃岐丸亀に移封されると、城は一時廃城となった。1672年(寛文12)に信州飯田から脇坂安政(やすまさ)が5万3000石で入封、城の再建にとりかかった。城主の御殿や多聞櫓(たもんやぐら)、政庁などを築き、城下町を整備し、以後、脇坂氏が10代続いて明治維新にいたった。現在、平山城の本丸には、本丸御殿、城壁、多聞櫓(たもんやぐら)、模擬埋門(うづみもん)、隅櫓(すみやぐら)などが復元されている。また城内には歴史文化資料館がある。鶏籠山山頂付近には山城の遺構が残っており、平山城の本丸隅櫓奥から登城道が通じている。JR姫新線本竜野駅から徒歩30分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

龍野城の関連キーワード龍野たつの市たつの龍野市しんぐうみつ龍野藩ヒガシマル醤油極東産機日本ジャイアントタイヤ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

龍野城の関連情報