出雲寺(読み)イズモデラ

大辞林 第三版の解説

いずもでら【出雲寺】

京都の毘沙門堂びしやもんどうの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いずも‐じ いづも‥【出雲寺】

[一] 山城国愛宕(おたぎ)郡出雲路(京都市上京区・北区)にあった寺。上、下(出雲寺)の二寺から成る。建立より二百余年後、伝教大師(最澄)が草庵を構えたという。
[二] 京都市上京区藪ノ下町にある浄土宗の寺、念仏寺の別称。山号は光明寺。上出雲寺の廃絶後、明治五年(一八七二)本尊を移した。出雲観音。

いずも‐でら いづも‥【出雲寺】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の出雲寺の言及

【毘沙門堂】より

…京都市山科区にある天台宗の門跡寺院。護法山出雲寺と号する。703年(大宝3)の創建と伝えるが,不詳。…

※「出雲寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android