コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出雲広嶋 いずもの ひろしま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出雲広嶋 いずもの-ひろしま

?-? 奈良時代の豪族。
出雲果安(はたやす)の子。出雲国造(くにのみやつこ)。養老8年(724)元正天皇に神賀詞(かんよごと)(出雲の神からの祝詞)を奏上。神亀(じんき)3年聖武(しょうむ)天皇に対して2度めの神賀詞奏上の斎事をおこなう。天平(てんぴょう)5年成立の「出雲国風土記」の編集責任者。子の弟山(おとやま)が国造に就任した天平18年(746)ごろ死去したとみられる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

出雲広嶋

生年:生没年不詳
8世紀前半の地方官。出雲国造。神亀1(724)年1月,神賀の事(神賀詞)を奏上し,外従七位下から位を進められ,禄を賜った。同3年2月にも同様に奏上し,神社の剣鏡と白馬,鵠を献上,位2階を進められ,祝部(下級の神職)194人と共に賜物にあずかった(『続日本紀』)。天平5(733)年2月30日勘造の『出雲国風土記』の巻末に総括者として出雲国造帯意宇郡大領外正六位上勲12等の肩書で名がみえる。同6年の「出雲国計会帳」にも同様の肩書がみえる(『寧楽遺文』上)。同10年外従五位下。奈良時代の出雲国造は果安―広嶋―弟山―益方と続いた。

(岩本次郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の出雲広嶋の言及

【出雲国造】より

…この間に,氏の祖神も天つ神の天穂日命(あめのほひのみこと)とするようになったらしい。そして国造出雲果安が716年(霊亀2),ついで724年(神亀1)の出雲広嶋いらい,国造の代替りごとに祝(はふり)・神部をひきつれて朝廷に参上し,神賀詞を奏する例がひらかれた。なお,広嶋は《出雲国風土記》の編纂者としても有名である。…

※「出雲広嶋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

出雲広嶋の関連キーワード神宅全太理出雲弟山国造広嶋豪族

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android