コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出雲広嶋 いずもの ひろしま

2件 の用語解説(出雲広嶋の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出雲広嶋 いずもの-ひろしま

?-? 奈良時代の豪族。
出雲果安(はたやす)の子。出雲国造(くにのみやつこ)。養老8年(724)元正天皇に神賀詞(かんよごと)(出雲の神からの祝詞)を奏上。神亀(じんき)3年聖武(しょうむ)天皇に対して2度めの神賀詞奏上の斎事をおこなう。天平(てんぴょう)5年成立の「出雲国風土記」の編集責任者。子の弟山(おとやま)が国造に就任した天平18年(746)ごろ死去したとみられる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

出雲広嶋

生年:生没年不詳
8世紀前半の地方官。出雲国造。神亀1(724)年1月,神賀の事(神賀詞)を奏上し,外従七位下から位を進められ,禄を賜った。同3年2月にも同様に奏上し,神社の剣鏡と白馬,鵠を献上,位2階を進められ,祝部(下級の神職)194人と共に賜物にあずかった(『続日本紀』)。天平5(733)年2月30日勘造の『出雲国風土記』の巻末に総括者として出雲国造帯意宇郡大領外正六位上勲12等の肩書で名がみえる。同6年の「出雲国計会帳」にも同様の肩書がみえる(『寧楽遺文』上)。同10年外従五位下奈良時代の出雲国造は果安―広嶋―弟山―益方と続いた。

(岩本次郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の出雲広嶋の言及

【出雲国造】より

…この間に,氏の祖神も天つ神の天穂日命(あめのほひのみこと)とするようになったらしい。そして国造出雲果安が716年(霊亀2),ついで724年(神亀1)の出雲広嶋いらい,国造の代替りごとに祝(はふり)・神部をひきつれて朝廷に参上し,神賀詞を奏する例がひらかれた。なお,広嶋は《出雲国風土記》の編纂者としても有名である。…

※「出雲広嶋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

出雲広嶋の関連キーワード千家尊紀出雲国風土記国造火継阿倍安麻呂出雲弟山出雲清孝出雲国成出雲果安出雲益方

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone