出雲節(読み)イズモブシ

大辞林 第三版の解説

いずもぶし【出雲節】

江戸時代に山陰地方の船乗り相手の女たちが唄った酒盛り唄。全国に広まり、多数の民謡の源流となった。船方節。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いずも‐ぶし いづも‥【出雲節】

〘名〙 出雲国(島根県)に発生した民謡。初め、嘉永、安政(一八四八‐六〇)の頃、出雲国安来(やすき)で起こり、海路を経て、日本海沿岸および九州地方にも及んだ。出雲崎節、仙台節、博多節、安来節(やすきぶし)の源流をなしている。「雨ではことづけ、風では便り」と唄い出し、願をかける文句のあと、「表はドンチャン、裏からコッソリ」の囃子詞(はやしことば)がつく。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の出雲節の言及

【泥鰌掬】より

…安来は江戸時代に砂鉄の積出港として栄えたが,安来節はその遊里での騒ぎ歌であった。曲の原調は〈出雲節〉とも〈さんこ節〉ともいわれるが,それを改良して安来で育ったのが安来節である。安来節【西角井 正大】。…

※「出雲節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android