刀岐清浜(読み)ときの きよはま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

刀岐清浜 ときの-きよはま

?-834* 平安時代前期の官吏,学者。
陰陽寮(おんようりょう)の暦博士。天長8年の夜日食(太陽が地平下にあっておこる現象)を前もって奏上しなかったため後年批判をうける。天長10年12月6日死去したが,後継者がおらず,進暦が1ヵ月おくれたという。名は浄浜ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android