コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反応原理 はんのうげんりreaction principle

岩石学辞典の解説

反応原理

火成岩のマグマからの結晶作用の過程では,結晶と液の間に反応関係が存在している.ボーエンは天然の岩石中の鉱物組み合わせとそれらの晶出順序の観察を基にして,鉱物の反応関係を組み立てた.これは反応原理として知られ,珪酸塩系では早期に形成された鉱物が,結晶作用の後の時期に熔融体と反応して,反応系列で低温の他の鉱物を生成するという概念である[Bowen : 1922].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

反応原理【はんのうげんり】

マグマから晶出する結晶が温度の降下につれてマグマ残液と反応し,結晶自身およびマグマ残液の組成が変化していくときに現れる法則性。1920年代にボーエンが明らかにした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はんのうげんり【反応原理 reaction principle】

マグマの結晶作用により火成岩が生じる過程についての重要な原理。1922年N.L.ボーエンによって提唱された。冷却に伴ってマグマから結晶が晶出するが,一度晶出した結晶は,結晶作用が進むにつれてマグマ(正確にはマグマ中の液)と反応して,その化学組成を変化させたり,あるいは別の種類の結晶に変化する。例えば,マグマから晶出した斜長石は結晶作用が進むにつれてマグマと反応してしだいにNaに富むようになる。また,比較的シリカに富む玄武岩質マグマや安山岩質マグマにおいて,一度晶出したカンラン石は冷却に伴いマグマと反応して斜方輝石やピジョン輝石に変化する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の反応原理の言及

【火成岩】より

…その反応の程度によって残りのマグマの化学組成はさらに変化する。このことはN.L.ボーエンによって1922年に見いだされ,反応原理と呼ばれている。さらに,地下深部で生じるマグマそのものの化学組成がマグマの生じる条件の違いによって異なるため,さらに多くの種類の火成岩を生じる。…

【結晶分化作用】より

…液体不混和とは,高温では均質な液体であるマグマが,温度降下に伴って,水と油のようにたがいに混合しない2種類の液相に分離し,それぞれの組成をもった火成岩をつくることである。
[分別結晶作用と反応原理]
 マグマは多成分系に属する複雑な化学組成のケイ酸塩溶融体である。温度の降下につれて,しだいに結晶作用が進行する。…

【ボーエン】より

…この間,クイーンズ大学(1919‐20)とシカゴ大学(1937‐47)の教授も務めた。同実験所では火成岩を構成する多種のケイ酸塩のいくつかの系の溶融体の,物理化学的平衡関係について実験し,晶出する結晶と残液の反応が重要であるとする〈反応原理〉を提唱した。そしてもとになる玄武岩マグマからの結晶の晶出と反応,分化と固結によって,各種の火成岩が形成されるとした。…

※「反応原理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

反応原理の関連キーワードボーエン(Norman Levi Bowen)分別晶出作用岩石成因論

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android