コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分圧器 ぶんあつきvoltage divider

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分圧器
ぶんあつき
voltage divider

高電圧を測定するときには,それを適当な比率に分圧して測定器に入力する必要があり,そのために用いる装置を分圧器という。高抵抗分圧器により分圧するのが最も一般的であるが,交流では抵抗のほかにリアクタやコンデンサを加えたものが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんあつき【分圧器 voltage divider】

電圧の波形を変えずに何分の1かの部分を取り出す装置。高電圧の測定などに用いられる。適切なインピーダンスを二つ直列に接続し,一方のインピーダンスの両端から一定割合の電圧を取り出す。使用するインピーダンスによって抵抗分圧器,容量分圧器などの種類がある。 交流高電圧の測定にはインピーダンスに静電容量を用いた容量分圧器が用いられる。電力系統で各部の電圧をつねに観測している装置に容量分圧器と低電圧測定装置を組み合わせたPD(potential deviceの略。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分圧器の関連キーワード電気計測断路器

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android