コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分社化 ぶんしゃか

1件 の用語解説(分社化の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

分社化

事業や地域などの単位で、部門を組織から切り分け、独立子会社を設立すること。 コスト低減を目的にする場合と事業分野の拡大・強化を目的とする場合がある。 また、分社化によって、競合する部門間に対する社内調整(予算配分や賃金体系など)の手間をなくし、経営の迅速化を図る意味もある。 →独立した子会社を統制するための1つの方法に持ち株会社制度がある。 →分社化に対して、資本関係そのものを断ち切ってしまう方法に会社分割がある。 →分社化に近い制度で、社内分社化呼ばれるものにカンパニー制がある。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分社化の関連キーワードメガ組立単位事業部旅団SBU通法自主防災組織マウス単位アンペアターン(電磁気学)申込単位

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分社化の関連情報