分荼離迦(読み)ふんだりか

大辞林 第三版の解説

地獄の東西南北の門の外にあるという小地獄の一。白い蓮華れんげの咲く池がある。
白蓮華のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (puṇḍarīka の音訳) (「ふんだりきゃ」とも) 仏語。
② 地獄の東西南北の門の外にあるという一六の小地獄の一つ。白い蓮華の咲く池をもつ地獄。
※往生要集(984‐985)大文一「四門之外、復有十六別処。其中有一処、名分荼離迦

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android