切付け(読み)きりつけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

切付け
きりつけ

母体とする大きな布の上に,文様に切った他の布を縫いつける技法。桃山から江戸時代にかけての陣羽織や火事羽織に多くみられる。また,仏像制作の過程で,螺髪 (らほつ) や蓮弁などを彫り出す代りに,線を刻んで表現することがあり,これも切付けと呼ぶ。 (→アプリケ )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きり‐つけ【切(り)付け/斬(り)付け】

切りつけること。「―事件」
いろいろな形に切った布を着物などにかがりつけて模様としたもの。切り付け模様。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の切付けの言及

【アップリケ】より

…4世紀ごろ,ビザンティンでは服飾や室内装飾などに発展し,中世には高度な技術でヨーロッパに普及した。日本へは20世紀初頭に伝わったが,江戸時代から続いている〈押絵(おしえ)〉〈切付け〉〈切嵌(きりば)め〉なども,同様の手法で,小袖の装飾や細工物,アイヌのアツシなどにみられる。【船戸 道子】。…

※「切付け」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android