コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃山 ももやま

7件 の用語解説(桃山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桃山
ももやま

和歌山県北部,紀の川市南部の旧町域。紀ノ川と支流貴志川の合流点の南東岸を占める。1956年安楽川町,奥安楽川村,調月村の 3町村が合体して桃山町が発足。1957年細野村の一部を編入。2005年打田町,粉河町,那賀町,貴志川町の 4町と合体して紀の川市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

桃山
ももやま

京都市南部,伏見区の一地区。東山連峰南端の丘陵に位置。前面に宇治川を控え,南山城地方が一望できる自然の要害地で,慶長1 (1596) 年豊臣秀吉が伏見城を築き,丘陵西斜面に城下町が発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ももやま【桃山】

京都市伏見区の地名。宇治川の北岸に位置する。豊臣秀吉伏見城を築き、その跡一帯に桃の木を植えたのでこの名があるという。桓武明治両天皇陵がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ももやま【桃山】

和菓子の一種。白あんに卵黄、砂糖、水あめ、みじん粉またはくず粉などを加えて練り、形をととのえてオーブンなどで焼いたもの。中にあんを入れたものもある。ほかの菓子の生地としても用いる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ももやま【桃山】

和菓子の名。白餡あんに砂糖・みじん粉・卵黄を加え、模様をつけて焼いたもの。現在はこれを皮として餡を包んだものもある。

ももやま【桃山】

京都市伏見区の地名。豊臣秀吉が伏見城を築いた地で、江戸初期廃城後、桃を植えて桃林としたことに由来する名称という。桓武・明治天皇の陵がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕桃山(ももやま)


京都府京都市伏見区にある地域名。
地名は豊臣秀吉(とよとみひでよし)築城の伏見城跡に多くの桃の木が植えられたことによる。明治天皇の桃山御陵がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の桃山の言及

【伏見】より

… 伏見荘は〈伏見九郷〉と称される9村で構成されていた。久米村(鷹匠町,金札宮付近),舟戸(津)村(淀川に面した柿ノ木浜付近),森村(桃陵町付近),石井村(御香宮門前付近),即成院村(桃山町泰長老付近),法安寺村(深草大亀谷五郎太町付近),北内村(深草大亀谷付近),山村(谷口――旧伏見城域内の広庭),北尾村(深草大亀谷敦賀町付近)である。ただこの郷名と郷数は,史料によって異同がある。…

※「桃山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

桃山の関連キーワード和歌山県紀の川市井田和歌山県紀の川市上野和歌山県紀の川市窪和歌山県紀の川市嶋和歌山県紀の川市東国分和歌山県紀の川市広野和歌山県紀の川市別所和歌山県紀の川市南志野和歌山県紀の川市南勢田和歌山県紀の川市南中

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桃山の関連情報